行政書士の就職について考える会

独立と年収

独立・開業した場合の気になる年収についてご紹介しておきましょう。

行政書士の平均年収は、650万円だと言われています。上を見れば2000万円稼ぐ人もいますし、下を見れば300万円くらいしか稼げない人もいます。人を2~3人雇うくらいの規模ならば、1000万円以上はいくと思います。

独立したからには、全て自己責任です。リスクは当然あると考えてください。サラリーマン以上の年収を狙うことができますが、サラリーマンのように安定収入を望むことはできません。仕事を取ってくる能力、つまり営業力が年収を左右します。独立前に、コネや人脈がどれくらいあるのか試算しておくことをおすすめします。

報酬は、案件ごとに受け取る場合と、一定期間契約で受け取る場合と、その両方を合わせた形で受け取る場合と、3パターンあります。案件ごとの報酬は、おおよそ業界内で決まっていて、簡単なものは1案件1万ほど、難しいものは1案件200万円ほどと、大きな開きがあります。

収入は、「案件数×報酬」で決まります。大きな案件については、通常大きな事務所が扱うので、独立・開業したばかりでは無縁です。ですから、初期のうちは小さな案件をどれだけ件数とってこられるかで、収入額が決まるといえるでしょう。

また、一定期間の契約(1年契約で100万円など)が取れれば大きいです。契約期間中、相談業務を行います。プラス、何かあれば案件ごとの報酬を受け取ることもできます。もちろん、簡単な契約ではありません。

行政書士の扱う書類の数は1万件にも及ぶといわれていますが、成功している行政書士の多くは、特定の分野に絞って営業しています。ルーティンワーク化しやすく、時間効率が良くなるからでしょう。資格試験に受かったからといって、全ての案件を簡単にこなせるわけではありません。常に勉強しながらになります。その場合、ばらばらの分野の案件を扱うと、いつも調べ物をしなくてはならなくなってしまいます。

次のページで詳しく書いていこうと思いますが、ダブルライセンスで営業する人もいます。行政書士だけではなく、他の資格(たとえば社労士やファイナンシャルプランナー)と2つの資格を取って仕事を行うのです。年収がそのままダブルになるわけではありませんが、仕事のチャンスは広がります。効率の良い営業活動ができるようになる分、年収はアップすると思います。

次のページ >>