行政書士の就職について考える会

社労士とは

ダブルライセンスの話をしたので、行政書士とのダブルライセンスで人気の資格を2つご紹介しておきます。社労士とファイナンシャルプランナー(FP)です。

社労士は、社会保険労務士と資格のことです。社会保険、年金、労務管理などに関する仕事をします。複雑な手続きや書類作成などが主な業務となります。中には、労務管理をサポート(給与計算など)するのをメインにした業務を行う事務所もあります。

社労士は、独占業務(社労士資格がなければできない業務)を設定して守られている一方、逆に業務範囲が限定的だという側面もあります。その場合、行政書士とのダブルライセンスで仕事ができれば、活躍の場が広がります。独立した場合も、就職した場合も同様です。

社労士の試験は、行政書士よりも難易度が高く難関ですが、合格が不可能なほど遠いものでもありません。行政書士が中の下なら、社労士は中の上です。社労士は受験資格がある分敷居が高い感じがしますが、行政書士合格後なら資格はあります(行政書士試験には受験資格は要らない)。

就職についてもう少し掘り下げてみると、行政書士と同様、社労士も企業内にいることで大変なメリットがあります。人事部や総務部で行うような仕事が業務内容ですが、法改正に対応したり、助成金関係の申請をしたりと、なかなか複雑な手続きが存在しているので、社労士がいることは心強いことになるのです。経営陣も、社労士が社内にいるということで、人事・労務関係に頭を使う時間が短縮され、本来の事業に集中できます。

このように、行政書士と社労士のダブルライセンスは、就職・転職に関して、大変大きな武器となります。最終目的がどこであれ、状況によっては就職するケースも考えられると思います。備えておくことに越したことはありません。もちろん、自分自身の知識レベルが向上するため、いろいろな将来の道筋を見出すことが可能です。

次のページ >>